【日吉台地下壕】

 慶友会の紹介により昨日(27日)、日吉台にある地下壕を見学してきました。この時期の地下壕は涼しいの一言です。

 ここはただの地下壕ではなくて、終戦直前に完成した連合艦隊司令部です。地下30mに設けられた堅剛なコンクリート製です、爆弾の直撃にも耐えそうです。

 この付近には、地下壕とともにアンテナ群があり世界中の情報が入電してきたようです。送信するためには暗号文を船橋にある行田無線送信所に送り、そこからモールス信号で世界に発信したそうです。

 終戦から68年目の夏、日中戦争に飽き足らずに準備の無いまま欧米を敵に開戦した無謀な戦争・・・食料や弾薬の補給も無く戦うにも戦えない戦争、敗戦はわかっていても言うに言えない、終えるに終えない戦争・・・考えさせられた暑い夏です。

 スタッフのみなさん、このような機会を与えていただきありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

日吉の地下壕については、私も以前から
行ってみたいと思っていたところです。
歴史上の事実として地下壕があり、
色んな思いで、そこで働いていた人たちがいた。
そのことを実感するため、
機会があれば、私も見学してみたいです。

kappa さん

おはようございます。

 私もいつかいつかと思いながら今回になりました。私の慶友会ではこの時期に一回/年ありますが「日吉台地下壕保存の会」では一回/月見学会があるようです。

 防空壕と言うイメージのものではなくて立派な当時の地下建築物です。空間も広いので圧迫感や恐怖感は少ないと思います。

 是非、在学中に見学してください。
こねこ時計 ver.1
Cats
Sweets
カウンター
プロフィール

mirai

Author:mirai
1.入学:2008年4月学士入学
2.学部:経済学部
3.仕事:**関係
4.職場:東京都新宿
5.住所:埼玉県
6.性別:男
7.年齢:?
8.目標:・・・2013年度卒業≫びみょう≫無理≫2014年度9月卒業決定
9.単位:■必要単位すべて取得済み
10.資格:第1種放射線取扱主任者、作業環境測定士[放射線・粉じん]、衛生工学衛生管理者、第二級アマチュア無線技士、他
11.一言:■2014年9月卒業試験結果を待っております。■座右の銘:まさに『百里の道も九九里をもって半ばとする』の心境、でもずっと半ばが続きそうだな!。≫終わった■2014年の座右の銘:担当教員からのお言葉で「午年なのでそのまま突っ走れ!!」です。
12.卒業試験(20140912):済み
13.卒業決定通知(20141025):済み
14.★★2014年9月卒業★★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR