【学籍】あと1日・・・

 残念ながら、本日でKcc-channelは見られなくなります、この件は9月ニューズレターにありました。

 他の人のブログを見ると、既に10月分のニューズレターと三色旗は郵送されているようですが、私の下へは来ません。
スポンサーサイト

【学籍】あと2日・・・

 慶應義塾大学生としての籍は、本日を含めて2日のみです・・・。卒業後次は何をしようか・・・、あらかじめ次に進むべき道が明確な人は多いとおもいます。いつもながらエンジンをかけるのは遅い私です。

【卒業アルバム】写真送付≫済み

 本日、自分でデジカメを三脚に設置して、背広にネクタイ姿に着替え卒業アルバム用の撮影をしました。何枚か激写後、800ピクセル×1000ピクセルに自分でトリミングを施しKcc-channelから送信しました。

 ちょっと疑問です、Kcc-channelの注意事項を見ると写真送付期限は10月31日17時までとありますが、9月卒業生は、学籍も9月末までのはずです、と言うことはKcc-channelの使用期限は9月末までだと思うのです。よくわからないので、kcc-channelが10月から使えなくなると困るので、大至急本日送付いたしました。

 ・・・それにしても10月31日期限って誰のためなのでしょうか、もしかして3月卒業者が秋期の卒論面接が10月末には終了するからなのでしょうか、それはちと早すぎるような気がします。

【日高市】曼珠沙華

 母が日高市の巾着田にある曼珠沙華を見に連れて行ってよと言うので思いつくように22日午前10時ころ車で出発。今日は休日(9月22日)ではないので大丈夫でしょうと思っていたのですが近づくにつれて渋滞です。どうしたのかなあ、事故か道路工事かなあと思っていたのですが、残念ながら曼珠沙華を見に来るお客さんの車でした。

 しかし、時間がかかっても見に来る価値はあります・・・素晴らしいほどの曼珠沙華です。母は、何回か来たことがあるようですが、私は初めてです。素晴らしい・・・あたり一面の曼珠沙華の絨毯です。人も多くホコリっぽくなりながらの鑑賞です、それでも花の赤が素晴らしく目に刺さるほどの鮮やかさでした。まだ咲き始めたばかりなので萎れたものはありません。

 また来年も行きましょうと母とお約束しました。

なんで原子力発電

 最近、なんで日本はエネルギー政策で原子力に傾斜してきたのか、その最初の最初はどのようなことなのかと疑問を持つようになりました。原爆投下そして昭和20年の終戦を経てたった10年あまりで原子炉が臨界に達しているのである。世界最初の被爆国でありながらそれを推進するマスコミの情報操作があったようだ。どうもその先には「政治・アメリカ・正力・中曽根・・・」といういくつかのキーワードがあるようである。

 そして、原発を作る実行部隊として中心となるのは日立、東芝、三菱、富士、住友メーカーのである、いわゆる原子力5グループ(財閥)である。情報通信網、テレビ、原子力・・・、どうも最初から訳ありのようだ。調べてみたくなった。

 因みに私も、その当時の川崎にある研究用原子炉(HTR)にいたことがあります。

【仕事】・・・辞めたいのか・・・

 嫌だなあ・・・最近、仕事を辞める夢を見ます。卒業試験が終わった途端に、こんな夢を見るようになります。何でかなあ・・・。正夢になりませんように!。

【Kcc-channel】 卒業アルバムに掲載する個人写真提出について

 Kcc-channelを久々に見ると卒業アルバムに掲載する写真についてのお知らせが載っていました。どうしようかなあ・・・。デジタル化したものを送ることのようです・・・。写真写りは悪いし・・・でもそのようなことを考えることがきたことが夢のようなことです。提出は10月末までなので、少し考えましょうか。

 ・・・・と言ってもKcc-channelを利用できるのは9月末までだと思うので、今月中に写真データを送らなければならないです。今日(9/18)気が付きました。

【地震】びっくりしたぁ・・・

 12:30ころに、大きな地震です。縦揺れのちょっと長かったので驚きました。一番気になったのは、埼玉の中部に居る母親でした。携帯にかけても固定にかけても出ないのでどうしたのかなあと思ったら、母から携帯にかけてきました。問題ないとのことなのでホッとした瞬間でした。食事をして、テレビを見ながら恒例の昼寝をしようとしたら地震が来たとのことでした・・・まあ何でもなくて良かったです。

【日刊工業新聞】たまたま・・・見覚えのある・・・

 本日、久々・・・それも10年以上も見ていない日刊工業新聞が目に入りました。それも借りている本を返却するために図書館に行き、戻るときにたまたま閲覧室に数分よった時のことです・・・。本日は新聞がお休みで、9月15日の新聞がラックに入れて並んでいました。たまたま、最初にこの新聞と目が合ったのです。

 新聞をずっと・・・見てゆくと、最後のページを見ると、見覚えのある慶應大学経済学部〇田先生です、それも先の12日に私の卒論指導教授でもあり卒業試験の主査であった教授です。「意識の改革必要」という見出しで家電リサイクル法の見直しをしているとのことが書いてありました。時間がないので中身はよく見ていません。

 この、非常に確率の低いタイミングでこの新聞に連載しているわけでもなく、つい4日前の先生に紙上でお会いするとは驚きでした。背景を見ると、先生の研究室のようです。なんか、私にとって、本当に驚いた今でした。早速、携帯で写して記事を保存しました。もしかして・・・これからもかかわるのかぁ・・・そのようなことはないですよね。

なんか疲れたなあ~

 大学生でいられるのもおそらくあと二週間・・・。一番気になる卒業判定結果は10月下旬とあるのでそれまでは大人しくしていましょう。今日、母親に卒業できると言ったら、「いつもそんなことを言うので、一度書面で見せてください」と言われて納得、そりゃそうだよねえ。「来月下旬まで待っていてくださ~い!」とのたまいました。

 明日からは、重いノートPCも本も・・・カバンに入れないで出勤できます。

 一度、学割とやらを使ってみようかなあ・・・。近くに、学割ラーメンとやらがあるので食べてみようかなあ。

【卒業試験】・・・終わりました

 昨日、9月12日(金)卒業試験が終わりました。

 やっとやっと終わりました。
 卒業試験時間は、時間通り11時20分から始まり終わったのは11時45分、30分弱でした。

  9:00 この秋初めての新しいネクタイとまだ二回しか着ていないスーツで自宅をでました。本当は、もう一時間早く出て、キャンパスでゆっくりするつもりでしたが、なんやかやと理由をつけて遅れてしまいました。

 10:30 三田キャンパス着 まだ時間があるので、キャンパスのど真ん中にある銀杏の下で資料を開き再確認をしていました。今日はほぼ快晴です・・・あたりを見渡すと、私と同じように卒業試験なのか卒論らしきものを読んでいる方もいるようでした。

 11:05 時間です、通信教育北館事務局に行って、その旨を伝えると、事務のおねえさんからA4版の資料の入った袋をいただきました。残りを見ると、あと5部ほどありますので、本日の卒論試験受験者は少なくても私を含めて6名ほどでしょうか。行き先を指定されましたが、そこは研究棟5階のいつもの先生の研究室です。資料を持って時間までその1階ソファで待機状態です。ソファで座っているも、落ち着かないので立って7,8分周りを伺っていました。

 時間が来たので、エレベータでいつもの5階へ。

 11:20 ちょっと前にきたので部屋の外で二三分待機、時間丁度になってドキドキしながら研究室にノックをして入室すると女性秘書の方が5階の会議室でお待ちくださいとのこと。すぐ隣にあるので、見ると既に副査の先生は来ています。入ると、○沼です・・・といわれて、この先生が副査になるんだと自覚しました。
 主査である担当教授がすぐに来て、3人で卒業試験を行う旨を主査が宣言しました。二人とも環境経済学の専門家です。○沼教授は、以前卒論をお願いしようかと思っていました、直接見るのは初めてです、見た目はやさしそうな先生です。

■卒業試験
 主査: 主査が来ると速やかに「10分ほどで概要を説明してください」 準備する間もなく言われたので面喰いました。
 私:まず、私の自己紹介を簡単に行い概要説明にはいりました。既に、大学仕様の概要は副査の先生にもわたっていますがこれではうまく説明できないのであらかじめパワーポイントで概要を作成し印刷した書面を用意し配布しました。このパワポ資料は、1ページ4コマでつくった両面印刷2枚16コマで章ごとに卒論をまとめたものです。
 「パワポ資料を印刷してきましたので、この資料に基づき概要を説明させていただきます」と始めました、1章の目的と動機からはじまり8章の提言、9章終章と時計を見ながら丁度10分で説明が終わりました。
 主査: 副査に「内容について質問をお願いします」と振ります。
 主査と副査・私: 副査が「ちょっと専門外だな・・・・・・」と言いながら話を進められました。云々と卒論についていくつかの質問です、それほどの深い内容ではなかったです。
 主査: ころあいのいいところで主査が「この辺でよろしいですか」と卒論面接は終了です。
 主査: 「次に総合面接試問を行います」「総需要について、そしてセイの法則について説明してください」
 私: まずい、総需要については説明ができたのですが、「セイの法則は・・・名前を知っているのですが、思い出せません」と回答しました。卒論の説明ばかり考えていたので、この件は、頭が真っ白状態でした。後で考えれば簡単なことでした。
 主査: 「はい、これで、卒論審査と総合面接試問を終りにします」
 私: 「終わりですか」 ちょっとあっけにとられてしまいました。
 主査: 「はい」
 私: 「本日はいろいろとありがとうございました」と言って丁重に挨拶をしながらそそくさと会議室を後にしました。

 時計を見ると11:45です。実質20分の卒論面接が終わりました。終了後すぐに「記録カードと卒論は卒業試験終了後に私が事務局に持ってゆくことになっていますが・・・」と私が言ったのですが、主査が「それは私が事務局に持参します」と言われ、事務局に戻りその旨を報告しました。

 当初50分を予定していたのですがその半分で終了しました。やっとやっと終わりました。こういう時は無駄なことを絶対に言わないを今までの経験で旨としているので必余最低限のことしか言いませんでした。
 感触としては、これで何とかなるでしょう・・・。

 うれしかったのは、主査と副査が試問中に、「この内容は、修士レベルの内容ですね」とうれしい最大の最初で最後のリップサービス・・・をいただきました、とてもありがたいです。

 それにしても、提出した卒論は期限に間に合わせるため急いで訂正して送ったので、表が抜けていたり文章が不自然だったりしたのですがそのことには触れなかったのでラッキーでした。今年5月最後の卒論面接後の先生とのやり取りで添削された卒論によりは半分以上を書き直し、その前に半分の50ページほどと少なくしたのですが6、7月でまた倍ほどになってしまいました、その時は追加訂正する時間を惜しんで書いていたので常時寝不足でとてもきつかったです・・・。

 まだ、帰るには早いので、もうそれほど三田キャンパスに来ることもないだろうと、山食のカレーを食べました(生協レストランの味は当たり前ですが、どこの大学のものでも同じです)。そして三田キャンパスの写真をいっぱい撮って、午後の部が開室する12時半を待って通信教育部事務局に挨拶をしてから善福寺そして麻布十番から帰宅です。

 東門を出て6年半を思い出しながら善福寺までちょっと感無量で歩きました。夏盛りの汗だくの夏スク、寒い雪降る第Ⅳ回科目試験・・・そして冷たい小雨降るときの図書館・・・そして今までにこんなに勉強をしたことがあっただろうかと思いました、走馬灯と言う言葉がこのためにあるのではとも思いました。

 やはり〆は、いつもの善福寺の福沢先生の墓参です。門前の湧水で手を洗ってから先生の墓前で報告です。そして次は護国寺にある大隈先生の墓前で卒業試験終了の報告です、やはりここに何回も来ているのでなんかこみ上げるものがあります。福澤先生の旧知の間柄である大隈先生に御会いしてから帰宅しました。
 こんどは、本当に卒業が決まりましたら来ます。

【卒業試験・急きょ休暇】・・・通信生特有の独り言

 朝起きたら・・・卒業試験のことが頭から離れなくなったので、思わず職場に電話して休暇にしてしまったのです。職場は9時からなのに7時半には来ている輩もいるのです。そして少しお休みしてから、図書館でお勉強と思いきや面白い本に夢中になってしまいました。

 どうも、自分の卒論をこの一年以上取り組んでいたのですが、ここへ来て健忘症に、そして見たくもない病にかかって逃避行動が始まってしまいました。しかし、もう時間がないので・・・す。もうちょっと早くから取り組んでいればいいのにといつもの後悔です。

 早く、卒業試験が来てほしくもあり、もうちょっと準備ができてからにしてほしくもあります。気持ちが不安定に揺らいでいる今日この頃です。

 そういえば、どんな支度で行こうか、やっぱ上着が必要かなあ・・・とその前にやることがあるでしょと自分に戒めてもいます。そうそう・・・職場のことも気になります。

【卒業試験】不安と大丈夫の交錯・・・卒業できるのだろうか

 今日は、仕事をお休みして午後から図書館に居ます。自分の卒論を読めば読むほど、突っ込みどころが満載です。担当教員からは、「新規性がないけどこれでいいよ」と言われているのでとても不安です。卒論を決める前に他の先生に相談したら、「卒論担当教員が決まったら、その教員は学生の卒論を完成させることに責任を持つんだ」「担当教員が決まったらこっちのもんです(=担当教員が決まったら卒業ができる)」と言われました。 
 この言葉には、いろんな意味があると思うのですが、それを真に受けている私でした、今更反省しています。
 卒論を眺めていると、ただのレポートの延長でしかないのです・・・100ページ以上あるのに・・・トホホ。
 卒業試験は50分・・・どんな感じで進められてゆくのだろうか。

   1.概要説明(10分)・・・淡々と時間をかせぐ
   2.卒論に対する質疑(20分)・・・余談をいれましょ
   3.総合試問(10分)・・・気合を入れて今後のために
   4.講評他(10分)・・・よいしょ!
 なんか、こんなことばかり考えてしまいます。

 やっぱいくら読んでも突っ込みどころ満載だ・・・いまさらどうにもならない・・・やっぱ卒業できるのだろうか???、けどここまで来たら、卒業試験頑張るしかない!。
 反省する前に、今できることをしましょう、といつも通りの結論です(爆笑)。

【卒業試験】今週なんです・・・

 月曜日、今週は卒業試験があります・・・何をどうしていいのやら・・・。指導教員とは卒論指導面接3回しかそれも一時間以内しか言葉を交わしていないので気心が全く分かりません。面接時は、「良いよ」、「良いですよ」、「そうでしょう」と穏やかな素晴らしい先生に思えるのですが卒論の添削を見るとかなり厳しい突っ込みが満載でもありでした。
 毎年、9月の経済学部の卒業は20名前後のはず・・・超少ない、ここまでやってきたので何とかなるでしょう、と思うがそれは卒業試験が終わってからの感想にしたい。できたら気持ちの良い、後味の良い卒業試験で終わりたいと思うのですがどうなるのでしょうか。
 今週は、仕事が手につかない週になりそうです。

【9月卒業試験】・・・焦るぞ!

 ドキドキしてきました。今月は、卒業試験の月です。通信生は卒業試験が二回まで認められています。もし、二回目の卒業試験が不合格なら卒業できません。学費の関係で、二回目の卒業試験があるなら9月中にあるでしょうねえ。
 なので、9月中に一回目が不合格通知で二回目の卒業試験実施通知来たら別ですが、来なければ卒業決定ということになると思います。

 問題なく、9月が通過してくれますように!!!!!。

 なんか更にドキドキしてきました。

【ポメラDM20】使い続けています・・・

 去年の6月に購入して以来、いつも私の通勤カバンのお供にしています。思いついたことや、いろいろな思いを電車の中や一人居酒屋の時に広げて入力しています。なかなかの優れものです。最初は、卒論をこのポメラで章ごとに書き入れておこうと思ったのですが、それは無理だということがわかりました。結局、卒論は軽いvaio proにまかせています。

 ふと、一人になった時や、待ち合わせの時等いつでも手のひらに広げて思いついたことをポチポチ・・・いいものです。持っているガラケーでも可能ですが、私にとって親指でポチポチ長い文章は打ちずらいのです。

 この大きさ、重さ、キーボードの使用感がとてもいいので、これからも使い続けるでしょ。どこかで、ポメラDM20をポチポチしている人を見たら私かもしれません、声をかけてみてください。

【図書館~靖国】・・・歩きました。

 8月30日は、午後ゆっくり家を出て、図書館で卒業試験の準備としゃれこもうとしましたが、この時期は閉館が17時でした、結局ネットサーフィンで終わりました。まだ時間があるので、靖国神社に行こうと思いついて決行しました。8月の夏休みの終わり、静けさの中に日本人がちらほらと来ていました、よく見ると外国人もやたら多いようです。
 手と口をすすいでから拝殿で手を合わせてから休憩です。都心なのにこの静けさが妙にはまります。

 まだ帰るには早いので、飯田橋駅まで行き、神楽坂方面に早稲田通りを下ることにします。この道をたどると早稲田大学方面に行くのは知っているのですがどのくらいかかるのか試してみることにしました。暫く人の流れに従いキョロキョロと見回しながら歩きました。なかなか話には聞いているのですが、奥ゆかしく路地に入ると渋い喫茶店やら小料理屋さんが見えます。人通りも神楽坂駅までです。この道をまっすぐに行くだけで見覚えのある早稲田周辺にたどり着きました。ここまで1時間余りせした。もうちょっとこの界隈を勉強してから行くのが良かったです。高田馬場から帰宅です。いいお散歩をしました。
こねこ時計 ver.1
Cats
Sweets
カウンター
プロフィール

mirai

Author:mirai
1.入学:2008年4月学士入学
2.学部:経済学部
3.仕事:**関係
4.職場:東京都新宿
5.住所:埼玉県
6.性別:男
7.年齢:?
8.目標:・・・2013年度卒業≫びみょう≫無理≫2014年度9月卒業決定
9.単位:■必要単位すべて取得済み
10.資格:第1種放射線取扱主任者、作業環境測定士[放射線・粉じん]、衛生工学衛生管理者、第二級アマチュア無線技士、他
11.一言:■2014年9月卒業試験結果を待っております。■座右の銘:まさに『百里の道も九九里をもって半ばとする』の心境、でもずっと半ばが続きそうだな!。≫終わった■2014年の座右の銘:担当教員からのお言葉で「午年なのでそのまま突っ走れ!!」です。
12.卒業試験(20140912):済み
13.卒業決定通知(20141025):済み
14.★★2014年9月卒業★★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR