【卒業予定申告書】郵送済み

 昨日、卒業予定申告書に必要事項を記入して、本日職場に持参し、近くの郵便局まで行き返信用封書の90円と郵送用の80円切手を購入しその場で貼りつけました。よく確認してから封筒口を糊付けして、郵便局の担当窓口から投函しました。

 今回は、ここまでです。

 次は、春期の卒論指導申し込み期間、2014年1月15日から2月15までに卒論の進捗を書けるようにしなければなりませぬ。

 来年の春は、どうなっているのでしょうか。
スポンサーサイト

【卒論タイトル】変更許可をいただきました

 卒論指導教授より、教務課経由でメールが来ました。

 「卒論タイトルの変更を許可します」とのことでした。取りあえず、安堵しました。
 これで、卒論予定申告書を大学に郵送できます。

 次は、先生のアドバイスにもとづき、先生のお言葉を借りると「卒論を一気に書き上げる」ことにします。そして、楽しみながら進めます。

 やっと、やっと、やっとここまで来たので、突っ走ります!!!。

【歯なしの次は腰くだけ】連続悲劇の物語

 金曜日夜の出来事です。焼きそばを食べた瞬間・・・あれ、口の中の様子がいつもと違うぞ、舌で歯をまさぐると・・・そうなんです、前歯の差し歯が無いのです。一緒に食べてしまったようです。どうしよう!。

 土曜日は食欲が無く、こわくてトイレには行けませんでした。ところが見つかりました。多分ちらっと見えたあれがそうです、ホッとした日曜日でした。こんなこと、聞いたことはありましたが、自分におこるとは思いませんでした。

 なんて不ウンな出来事なんでしょうか?。

 とこれで終わりではなくて・・・今朝ズボンをはこうと屈んだ瞬間に、ギクッと腰に来てしまいました。しばらく様子を見たのですが軽いようなので、以前病院でいただいた湿布薬を貼って出勤です。今日はどうなるのかなあ。

 いずれにしても今日は早く帰りましょうっと。

とりあえず、普通にもどった・・・かな

 夏くらいから、寝不足でした、10月に入るとさらに寝不足で昼も頭がぼーっとしていました。面接指導が終わったのでここ二三日、普通に寝て起きるようになったら頭がすっきりしました。

 5月から卒論作成に自信の次に不安・不安・不安の繰り返しで疲れが溜まっていました。もうちょっとゆったりとしてから、次回面接に向けて頑張りましょうっと。

 まだまだ、先は続きます。

 こんなことしていていいのかなあ・・・他にもっとすることがあるのではと脳裏にうかびます、でも・・・いいんです!!

【二回目】卒論指導・・・(あとがき)

 そういえば、押印を貰ってから、卒論テーマが最初からずれてしまっているのですがどうしましょうかと先生に伺いました。

先生:「うーん・・・うーん」

私:「わかりました。それでは、メールで卒論テーマの案を先生に送りますので確認してください」

先生:「また会ったら○○さんによろしく伝えてください」

私:「はい、今日はお世話になりました。また、5月にお会いしましす」

 ここで時間をかけていたら、卒業予定申告書の押印を取り消されたらまずいので、そそくさと資料をカバンに仕舞い込んだのです。

 なので、今月中にこのテーマを考えなくてはなりません。

                        終わりの終わり

【二回目】卒論指導・・・(3)

 そろそろ話をもとにもどうそうと思い、
私:「いかがでしょうか」と私のほうからお伺いを立てました。

先生:「うまくできているのでこのまま続ければいい」、「そのまま一気に突っ走ってくれ」と言われておしまいです。なんか、キツネにつままれたような面接でした。

私:その時に間髪を入れずに「先生、これに押印をいただけないでしょうか」

先生:「ここまで出来ているので問題ないね」

 と言われて、即、今回の重要目的であるグリーンの卒業予定申告書には押印をいただきました。やっぱこのタイミングはとても重要と思われます。アウンの呼吸が大切だな。

 本当は、これなら3月に卒業させてくれよ、と言いたかったのですが言えませんでした。

 説明途中で、計算結果を示したときに、先生から「こういうことは知らなかった、話としては知っていたがこんな有害な問題があることは気が付かなかった」と言われた時は、ちょっとうれしかった。

 今回は最初、緊張していたのですが、次第に打ち解けた面接でした。

 それにしても10月に入ってから二週間足らずのドラフト版作成は厳しかったなあ・・・評価されてよかったと思いますが終わったわけではありません。あのとき、テーマを変更せず進めていたら、印はもらえませんでした。

 おそらく、この先生の場合、問題提起に対して結果が出すような形ならOKのようです。ちょっと突飛な結果もOKのようです。

 早速池袋で、5月からの自分の努力に、居酒屋で乾杯でした。科目試験よりもきつかったです。頭がまだフラフラです。
 来週までリハビリ期間にします。

 ちょっと、少し先が見えてきた感じです。でも「百里の道も九十九里で半ばと思え」です。通信はちょっとしたタイミングがずれると半年、一年とのびてしまいます。注意注意。

 終わりだ。

 この通信がもし卒業できたら何をするかなあ。

 次は5月、来年の春までは長いなあ・・・その面接に向けて頑張りましょう。
                                
                                      終わり

【二回目】卒論指導・・・(2)

 ドアの外で、今月8日に全面的に内容を変えている卒論のドラフトは先生に届いて見ているのかなあ、と思う間もなく先生から部屋にどうぞとのお呼び出しです。

私:「ご無沙汰です」「直接メールして申し訳ありません」そのあとの、直接ドラフト版を送ってしまったことを素直に予定通りお詫びから始まりました。

 ここで私の論文内容について説明です。
 テーマを変更したことを丁重に説明していると、

先生:「やっぱそうだよね」

 早く言ってくれよ、と言いたいけど通信はなかなかコミュニケーションができないので難しいですね。

 こちらは、5月からずっと資料を集めて、進めてきましたがもう無理、息詰まりました。10月に入ってから先生のお怒りを想像しながらそして自暴自棄、そして、もう覚悟を決めて、テーマを変えて書き直しでした。

 まだここでは、気を緩めることができません。

 淡々と、説明して、先生の様子を見ながらの会話です。気が緩んできたところで、これはまったくの偶然だったのですが、今月2日にたぶん先生と同じ分野の知り合いと思われる○○さんにあった話をした途端に話が卒論の話から脱線です。作戦成功!!。

                                      つづく

【二回目】卒論指導・・・

 今日は・・・第二回目の卒論指導日です。こんな日は、麻布十番で降りて、恒例である善福寺の福澤先生の墓参から始まります。そしてオーストラリア大使館を横目に見ながら三田キャンパス。14時からなのですが着いたのは12:30です。
 事務局によってから山食のカレー・・・・、いや今日は奮発して勝つカレーです。
 ここで一句

   イチョウちる面接前の勝つカレー

 キャンパスでゆっくりして、早めに研究棟受付に行くと・・・13時45分に行ってください・・・心の準備をしていないまま5階の先生の部屋をノックすると・・・まだ時間がかかりそうな通信学生の面接です。もうちょっと待っていてください、なんと聞いたことのある先生の声です・・・そのまま外で聞き耳を立てて居ました。

 漏れてくる二人の会話は厳しい、けど、よく聞いているとタンタル、レアメタル・・・なんか私と同じテーマのような気がします。不安も極地に・・・あーあーまな板の鯉の気分だ。

 終わったようです・・・どんな通信学生なのでしょうか、振り向いてくれるかなあと思いましたが、そそくさと顔も見せずエレベータ方向に歩いて行ってしまいました。

                                           つづく

【二回目卒論指導】卒論のドラフトのドラフト版送付済み

久々の投稿になります。

 5月より、ちまちま進めていた卒論ですが・・・どう結論づけて良いのかずっとずっとデータが見つからないか古すぎるかで悩んでいました。しかし10月に入ってからもう一度考え直して、8日になって思い切って路線を変更しました。大枠では同じ分類なのですが方向を転換し最初から書き直しました。

 今日は、仕事中にそっと見直して文字数で2万3千文字です。これで少し形になったので、遅まきながら先生に添付してメール送信しました。まだまだ内容は詰めなければならないのですが・・・とりあえず本日送付しました。これで少しは、たたき台くらいにはなるでしょうか。

 しかし、この内容変更が先生の・げ・き・り・ん・に触れなければいいのですが・・・でも触れそうだなあ。こちらは、立場のか弱い大学生なのです。

 まあその時はその時ということで、今日は早く帰りましょうっと。

オリオン

 もう駆け上がる準備をしているころだろうと思っていましたが、終業後、飲んで帰る途中に横を見ると私をチラ見しているのは誰かなあと止まってみると、そうオリオンです。

 もう、もうこんな時期なのです。まだ天頂を勢いよく駆け上がるにはもうちょっと時間がかかりそうです。

 冬の星座の代表格、どうもまだこの暖かさでは出番をはにかんでいるような感じです。NHK深夜便の音が小さくてもよく響くような季節になってしまった。

 二作目
        はにかんでチラ見オリオン流れ星  mirai

初めての俳句?

「ランドセル俳人五・七・五(小林凛)」を読んで感動しました。そして初めて作ってみました。

 夢ひとつ叶うかどうか秋の夕  mirai

【金木犀】もうこんな時期に

 図書館の帰り・・・横断歩道で信号待ちしているとどこからともなくうすく漂っている金木犀の匂いです。こんな都会にどこからだろうと探してもその木は見当たりません。

 でも、もうこんな時期かぁ。
こねこ時計 ver.1
Cats
Sweets
カウンター
プロフィール

Author:mirai
1.入学:2008年4月学士入学
2.学部:経済学部
3.仕事:**関係
4.職場:東京都新宿
5.住所:埼玉県
6.性別:男
7.年齢:?
8.目標:・・・2013年度卒業≫びみょう≫無理≫2014年度9月卒業決定
9.単位:■必要単位すべて取得済み
10.資格:第1種放射線取扱主任者、作業環境測定士[放射線・粉じん]、衛生工学衛生管理者、第二級アマチュア無線技士、他
11.一言:■2014年9月卒業試験結果を待っております。■座右の銘:まさに『百里の道も九九里をもって半ばとする』の心境、でもずっと半ばが続きそうだな!。≫終わった■2014年の座右の銘:担当教員からのお言葉で「午年なのでそのまま突っ走れ!!」です。
12.卒業試験(20140912):済み
13.卒業決定通知(20141025):済み
14.★★2014年9月卒業★★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR